ブラシアイロン 口コミ

ブラシアイロンのメリット・デメリット

 

 

ゆるゆるふわふわ。巻き髪は、女性なら誰もが1度はトライしてみたい髪型ですよね。でもくるんと巻くのに必要なコテ。残念ながら、これを使いこなすのがとても難しいです。

 

髪がヘンな具合に折れ曲がったり、どうしても左右対象に巻けなかったり。挙げ句の果てには「アチッ!」と火傷までする始末…。そんなこんなで「自分にはムリ」と、コテで巻くのを諦めてしまっている方も多いと思います。でもそれは結論を急ぎ過ぎかも。諦める前にもう一度、ブラシアイロンで挑戦してみましょう。コテよりずっと簡単に巻く事ができますよ。

 

ブラシアイロンは、発熱する軸の周りを、ぐるりとピンが取り囲んでいる形をしています。「軸が熱くなるロールブラシ」といった方が、イメージしやすいでしょうか。

 

形から想像できるように、「とにかく扱いやすい」というのが最大のメリットです。コテのように「髪を挟む」という動きが必要ないため、折れ癖がついたり、手首の動きがぎこちなくなったりする事がありません。「こんな感じかな〜」とフィーリングで巻いても、ちゃんと様になりますよ。

 

また「触っても熱くない」という点も、大きなメリットです。発熱する軸の部分を、ピンが取り囲んでいる構造のブラシアイロンは、熱い部分に手が触れる事がありません。製品によっては、しっかり手を添えながら巻いてもOKなほど。怖がりさんでも安心して使えます。

 

さて良い事ばかり並べるのも不自然なので、ここで1つ、ブラシアイロンのデメリットについても触れておきます。

 

それは「きつく巻いたカールを作るのは苦手」という事。

 

ブラシアイロンはコテと違い、挟まずに巻いていきます。そのためどうしても、発熱部への巻付きが緩くなります。きっちり巻きを望む場合は、やはりコテを使うのが良いでしょう。

 

しかし反面、ブラシアイロンはふわっとしたカールは大得意です。また頭頂部のボリュームアップもお手の物。エアリーなスタイルが好みの方には、断然ブラシアイロンがお勧めですよ。

 

きっちり巻き上げた巻き髪は、「近寄りがたい」「威圧感がある」と感じる方もいます。好感度的には、ふわっと巻くくらいが丁度良いかも。その線を狙う方は、ぜひブラシアイロンをお選び下さい。

 

 

絶対失敗しないブラシアイロンの選び方♪

 

 

 

「買って良かった」と思えるよう、「ブラシアイロンに付いていると良い」条件を並べてみます。

 

1. 360度回転コード

 

回しながら髪を巻いてもコードがねじれず、イラつきません。

 

2. 温度の幅が広く、かつ細かく設定できる。

 

「髪が傷まないようにするためには温度を選ぶべき使い慣れると、つくづくそう思いますよ。

 

3. 手を添えられる

 

どんなに不器用さんでも、手を添えながら巻けば失敗はありません。

 

4. 軽い

 

「疲れない=綺麗に巻ける」という事です。

 

5.  マイナスイオン発生

 

やはり髪の傷み方が少ないです。

 

6.  自動OFF安全装置

 

出かけ先で「ちゃんと消したかな!?」とドキドキしなくて済みます。

 

7.  海外電圧対応

 

海外旅行の時も、慣れたブラシアイロンで美人をキープ。

 

1〜7まで、全ての条件が揃っている製品は、正直そう滅多にないと思います。でも購入する際は、「いくつ満たしたかな?と気にしてみて下さい。購入後の満足度が違ってきますよ。

 

 

口コミ評価の高い人気のブラシアイロンTOP3!

 

口コミで高評価を受けているブラシアイロンの中から、更に厳選し、TOP3を選んでみました。

 

アレティマイナスイオンロールブラシアイロン

 

 

 

ピンの部分が特徴的なブラシアイロンです。

 

短い金属のピンと黒くて長いピンの2重構造。金属のピンには熱が伝わるため、軸だけが発熱する他製品より、格段にしっかり巻けます。その代わり、ブラシ部分に手を添えられないのがちょっと残念…。巻く時は先端部を持って巻きます。

 

ただし口コミでは「手を添えられない」事を嘆いている声は、思いのほか少ないです。熱の伝わりが良くしっかり巻けるため、手で押さえる必要がないからでしょうね。なお、熱くなるのは金属製のピンだけです。それより長い黒いピンの部分は熱くならないので、火傷の心配はありません。

 

アレティマイナスイオンロールブラシアイロンは、先ほど述べました「絶対失敗しないブラシアイロンの選び方♪」で挙げた7個の条件の内、「手を添えられる」以外、6個を満たしています。特に温度は80〜200℃と、他製品では見た事がない幅広さ。ダイヤルで微調整できる点も優秀です。高温で手早く巻けば、髪の痛みも少なくて済みますよ。

 

またピンの部分が上下左右に動くようになっているため、「髪が絡まない」のも製品の大きな特徴。「下準備で髪を梳かす時も、巻く時も、どちらもスムース」と、口コミで絶賛されています。ブラシアイロンでもしっかり巻きたい。ブラシアイロン以上の仕上がりを望む方に、お勧めです。

 

 

>>アレティ マイナスイオン ロールブラシアイロンの公式サイトはこちら

 

 

サロニアロールブラシアイロン

 

 

 

「安いのに高機能」サロニアロールブラシアイロンを一言で表すとしたら、この言葉が正にピッタリ。

 

前述した「絶対失敗しないブラシアイロンの選び方♪」で挙げた条件でも、7個の内「マイナスイオン発生」以外、6個を満たしています。100℃~180℃まで設定できる温度は、液晶画面で表示。「ボタンをウッカリ押しても、ヘンな事にならない操作ロック機能」まで付いています。

 

それなのに価格はわずか3980円!ちょっと絶句してしまいますよね。口コミでも「この価格でこの機能!」という声が圧倒的に多いです。「ブラシアイロンを買うかどうか迷っている」という方は、サロニアロールブラシアイロンをどうぞ。損はしませんよ。

 

 

>>SALONIA ロールブラシの公式サイトはこちら

 

 

クレイツロールブラシアイロン

 

 

 

こちらの最大の特長は、「とにかく軽い!」という事。26mmサイズでわずか260gです。

 

因みに他製品なら、300gを超えるのが当たり前。使う度に「扱いやすい」と感じるブラシアイロンです。クレイツロールブラシアイロンは、前述した「絶対失敗しないブラシアイロンの選び方♪」で挙げた条件から見ると、「360度回転コードがない」など、欠けている条件の数が少々多めで、正直、ちょっと残念な所があります。

 

でもこの軽さは見逃せない魅力。そのため「壊れて2台目購入」など、リピしている方がとても多いです。「握力に自信がない。」そういう方はこちらをどうぞ。

 

 

>>クレイツ ロールブラシアイロンの公式サイトはこちら

 

 

いかがでしたか? 1位〜3位まで、それぞれ違った魅力があるブラシアイロンを紹介しました。

 

どれも良品なのですが、やはり長く使うつもりなら1位の「アレティマイナスイオンロールブラシアイロン」が断然お勧め。「絡まないので髪を傷める事なく使える。「熱がしっかり伝わるので綺麗に巻ける。

 

この点は大きいです。「コテは1度使っただけでお蔵入りした」という方も、簡単に使えるのがブラシアイロンの良い所。ぜひ購入して憧れの巻き髪にトライして下さい。

 

>>アレティ マイナスイオン ロールブラシアイロンの公式サイトはこちら